札幌市東区の歯科・歯医者・小児歯科 コモンズ歯科クリニック
一般歯科・小児歯科・歯周病治療・予防歯科・審美歯科・ホワイトニング

〒065-0042 札幌市東区本町2条8丁目3-6
中央バス「本町2条8丁目」停留所徒歩約1分
駐車場5台あり(大型車駐車可能)

ご予約お問い合わせはこちら

「ホームページ見た」と言ってください 011-783-0421

月曜~金曜 最終受付 21:00まで 土曜 最終受付19:00まで 日曜・祝日

小児歯科

小児歯科

将来の歯を守るために 歯を大切にする習慣を今から

幼い頃からの予防

乳歯はむし歯になってもどうせ生え変わるからと、放っておいてしまってはいませんか?お子様の歯を健康な状態で保つことにより、永久歯の歯並びだけではなく、成長期の身体の発達にも影響してきます。将来の予防のためにも、乳歯の状態からしっかりと予防に努めるのが大切です。

乳歯の役割

乳歯には身体の成長や永久歯を正しい位置へと導く、大切な役割があります。歯があることにより、食べ物を噛み切ったりすることが出来ます。そうすることにより、顔や顎の発育を助ける働きをします。また、乳歯があることで、正しい発音を覚えていったり、乳歯には永久歯を正しい位置に誘導する役目もあります。むし歯になってしまうとこれらの役目を果たすことが出来ません。歯並びや噛合せを良くするためにも乳歯だからと放っておかずに診断を受けましょう。

お子様の歯をむし歯から守るために

コモンズ歯科クリニックでは、お子様がこの先、健康な歯でいられるように、お口の中の抵抗力を強化するためのお手伝いをしております。

  • 歯磨き指導

    お子様に歯を磨くことが好きになってもらえるよう、しっかりと磨けるように効果的で正しいブラッシングを指導しております。

  • シーラント

    歯の溝に汚れがたまらないように、むし歯治療の際に詰め物として使用するレジンというプラスチックを溝に入れて、むし歯菌が入らないようにする予防法です。永久歯に生え変わったタイミングで治療すると効果的です。

  • フッ素塗布

    フッ素を塗布し、歯質を強化して乳歯や生え変わったばかりの永久歯など弱い歯がむし歯菌に感染しにくくなるようにいたします。

今と未来の健康のために

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌はいません。では、なぜむし歯になってしまうのでしょうか?それはむし歯菌が感染症だからです。むし歯を持つご両親や周りの方が口をつけた箸などでお子様に食事を与えたり、硬いものを噛み砕いて与えたりしてしまうことにより、むし歯菌に感染してしまいます。
出来る限りお子様のむし歯菌への感染時期を遅らせることで、将来むし歯も出来にくくなると言われていますので、今のうちにお子様をむし歯から守ることがお子様のこれからの健康を守ることにもなります。

スマートフォンサイトへ